人気ブログランキング |

圀弘日記


日々の生活つれづれなるままに
by kinkunihiro
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
首里城消失は衝撃でした。..
by 神谷利雄 at 15:41
圀弘様 田舎の友達は、..
by 結城春雄 at 20:20
久しぶりにブログを拝見し..
by 橋爪 祐子 at 19:20
マメに更新してますね。 ..
by ヒロシ at 06:12
84歳の先輩さま コ..
by kinkunihiro at 06:55
すみません。そちらのコメ..
by 通りすがりジジイ at 21:05
健康で楽しく老後を過ごし..
by 通りすがりジジイ at 07:46
> 結城春雄さん コメ..
by kinkunihiro at 06:53
圀弘様 お元気ですか。..
by 結城春雄 at 21:20
結城春雄様 長嶺ふれあ..
by kinkunihiro at 17:52
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2019年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2019年6月30日  古いアルバム写真   つくば市産業まつり  その9

6月29日のブログへのアクセスは93回でした


2019年6月30日  古いアルバム写真   つくば市産業まつり  その9を更新いたします

長嶺プール仲間3人で食事会
d0249595_18310789.jpg
席街をする
d0249595_18322109.jpg

席に座ってラインで流れてきた皿をとたっら係から注意される
台に乗った皿は注文パネルから注文した品です(失礼!笑い)
d0249595_18330346.jpg

自分らの席でパネルから注文した皿(マグロ3貫盛り300円)、大きいアナゴ寿司)
d0249595_18353911.jpg

TVコマーシャルで宣伝しているマグロ3貫盛り300円
d0249595_18385538.jpg

つくば市産業まつり (平成25年8月10(日)茨城沖縄県人会ブース  サーターアンダギー揚げんの現場
d0249595_18431617.jpg

サターアンダギーを買うお客にマイクで質問する
d0249595_18444282.jpg
6月30日「天声人語」
d0249595_06523665.jpg
d0249595_06531371.jpg


















by kinkunihiro | 2019-06-30 05:27 | 食事 | Comments(0)

2019年6月29日  古いアルバム写真   つくば市産業まつり  その8

6月28日のブログへのアクセスは139回でした


2019年6月29日  古いアルバム写真   つくば市産業まつり  その8を更新いたします
昨日の出来事
長嶺プール仲間3人で食事会
土浦市6号道路沿いにある「回転すし スシロー)へプール上がりに食事に行った  店内入口で小島氏
d0249595_13460762.jpg
d0249595_13464762.jpg
d0249595_13471058.jpg
店ない全景
d0249595_13474575.jpg
川田氏と小島氏 番待ちで
d0249595_13481326.jpg
川田氏と金城
d0249595_13484000.jpg
回転すしレーン 駐車場も満杯で客席も順番待ちだった(11時50分ごろ)
d0249595_13491026.jpg
つくば市産業まつり 
d0249595_13524142.jpg
d0249595_13530384.jpg
d0249595_13530384.jpg
d0249595_13532353.jpg
朝新聞切抜き いちからわかる!
d0249595_07135012.png
6月29日「天声人語」
d0249595_07142626.jpg
d0249595_07145230.jpg


 


















by kinkunihiro | 2019-06-29 05:35 | 食事 | Comments(0)

2019年6月28日  古いアルバム写真   つくば市産業まつり  その7

6月27日のブログへのアクセスは137回でした


2019年6月28日  古いアルバム写真   つくば市産業まつり  その7を更新いたします

昨日の出来事
つくば中学校筑波32会同窓会 77歳の妻が出席した
d0249595_19180581.jpg


d0249595_19484203.jpg

与座部の戦後 高嶺村に収容所から故郷の近くに移住しても与座は戦争の傷跡が大きく野積みされ弾薬やトラック、戦車など山積みされていた。与座への移住許可が出ず国吉部落で暫く生活していた。与座区民が総動員して弾薬撤去へ¥の作業が始まった

d0249595_19393540.jpg

d0249595_19403028.png


古い写真から昭和35年入社の国際電気のNHK第2放送送信機100KW検査中
d0249595_19504551.jpg

同僚の牛山君と会社の正門前
d0249595_19523329.jpg

つくば市産業まつり 
d0249595_19545186.jpg

可愛い子供たちがVサインでカメラに
d0249595_19551679.jpg

d0249595_19554493.jpg

朝日新聞切抜き いちからわかる!
d0249595_07193374.jpg
6月28日「天声人語」
d0249595_07200146.jpg
d0249595_07203674.jpg
















by kinkunihiro | 2019-06-28 05:13 | 歴史 | Comments(0)

2019年6月27日  古いアルバム写真   つくば市産業まつり  その6

6月26日のブログへのアクセスは99回でした



2019年6月27日  古いアルバム写真   つくば市産業まつり  その6を更新いたします

古い写真から 沖縄那覇市で高嶺中学校時代の友人のアルバイト先で
d0249595_18422971.png


狛江市の国際電気㈱の寮 友人のギター演奏(アルハンブランの思い)
d0249595_18440657.jpg

国際電気㈱鎌倉保養所正月休暇に友人たちと
d0249595_19313112.jpg
土浦市ハイウェーブ時代従業員長瀞旅行
d0249595_18562351.jpg


つくば市産業まつり 三線演奏を聴く観客
d0249595_18594292.jpg

つくば市は多くの外国人も多い
d0249595_19005473.jpg

d0249595_19011698.jpg

d0249595_19011698.jpg

d0249595_19013635.jpg
朝日新聞切抜き いちからわかる!
d0249595_06464084.jpg
6月27日「天声人語」
d0249595_06472151.jpg
d0249595_06474848.jpg


























重手





by kinkunihiro | 2019-06-27 05:38 | 歴史 | Comments(0)

2019年6月26日  古いアルバム写真   つくば市産業まつり  その5

6月25日のブログへのアクセスは79回でした


2019年6月26日  古いアルバム写真   つくば市産業まつり  その5を更新いたします

戦前の字与座の歴史
高嶺製糖工場  蒸気式二重80トン圧搾機の黒糖製造工場

d0249595_18133543.jpg

d0249595_18142978.jpg



d0249595_18081874.jpg

d0249595_18085769.jpg

d0249595_18095821.jpg

軽便鉄道 糸満~名那覇 与那原へ  与座で(高峰駅)水を補給していた(蒸気機関車)
d0249595_18113540.jpg


d0249595_18122569.jpg


古いアルバム写真  日本キリスト教団十条教会で昭和34年
d0249595_18193781.jpg

上十条下宿先 
d0249595_18253323.png

長老国領教会
d0249595_18272574.jpg

d0249595_18280591.jpg

長老教会夏季聖書学習 軽井沢
d0249595_18283973.jpg

d0249595_18293470.jpg
 つくば市産業まつり 真夏8月
d0249595_18330908.jpg
d0249595_18340400.jpg
茨城沖縄県人会会員三線演奏
d0249595_18342603.jpg

朝日新聞切抜き いちからわかる!
d0249595_06442422.jpg
6月26日「天声人語」
d0249595_06450254.png
d0249595_06452863.jpg






























by kinkunihiro | 2019-06-26 05:05 | 歴史 | Comments(0)

2019年6月25日  古いアルバム写真   つくば市産業まつり  その4

6月24日のブログへのアクセスは178回でした


2019年6月25日  古いアルバム写真   つくば市産業まつり  その4を更新いたします
昨日の出来事
弘夫婦が大洗で牡蠣を買って父の日のご馳走を戴く 旬のメロン

d0249595_20205044.jpg


d0249595_20212372.jpg


糸満市高嶺字与座の歴史から  与座の概要

d0249595_21512739.jpg

d0249595_20240092.jpg


与座岳れレーダーサイト

d0249595_21220815.jpg


d0249595_21150211.jpg

d0249595_21152846.jpg

与座川の説明
d0249595_21321691.jpg

d0249595_21325628.jpg

d0249595_21332709.jpg

d0249595_21335268.jpg

字与座には日本軍、米軍、自衛隊と引き継がれた重要レーダーサイトが現在もあり軍需面でも危険区域だった。尚、戦後も与座川の湧き水は那覇航空隊へ導水管30cm2本で24時間戦後はディーゼルエンジンで現在は電気ポンプで送水されている。我が実家の50m先に「ワラーポイン」として故郷の屋敷には入居できなかった。

続く


古いアルバム写真から  妻の友人筑波山頂
d0249595_21454987.png

妻の友人小磯さん和服姿
d0249595_21475415.jpg

昭和32年4月2日沖縄から上京し吉祥東映映館前で映画館の従業員姉さま
d0249595_21555613.png

東映映画館関係者本山さんを中心に
d0249595_21571914.png

目黒高等無線学校正門前で遠藤さんと
d0249595_21581635.png

つくば市産業まつり
d0249595_22001521.jpg

d0249595_22003997.jpg
d0249595_22010545.jpg
d0249595_22013056.jpg
朝日新聞切抜き いちからわかる!
d0249595_06132450.png
6月25日「天声人語」
d0249595_06140887.jpg
d0249595_06143229.jpg










by kinkunihiro | 2019-06-25 06:10 | 歴史 | Comments(0)

2019年6月24日  家族の古い写真   つくば市産業まつり  その3

6月23日のブログへのアクセスは476でした



2019年6月24日  家族の古い写真   つくば市産業まつり  その3を更新いたします

妻の実家訪問時に両親は孫を抱っこして笑顔で愛子てくれた(バックには筑波山がクッキリ見える)

d0249595_12353518.jpg


立ちん坊でカメラを見る長男
d0249595_12390072.jpg

牛久市在住時に初めて中古車を買った
d0249595_12411343.jpg

糸満町から国吉部落に引っ越して親戚4所帯で一軒家に住み始め物資のない不自由な生活が続いた。
ある暑い日の昼下がり父が昼寝して付近で兄がピストル(実弾入り)を見てた時暴発して父の頭をかすめて米軍用救急箱の1㎜暑さを貫通し中区切りで弾は残っていた。家から1km離れた駐在所の巡査が爆発音を聞いたかまたは誰か通報したか近所まで捜索に来た。しかし誰も知らないという返事で一見諾着した。当時は武器弾薬が周囲の随所に見つかっていた。弾薬処理も手が付けないときだったので危険な環境だった。壊れた蓄音機のゼンマイを分解して鋼の鋼鉄を飛ばし左足のすねを怪我した経験もあった。 続く


つくば市産業夏祭り(クバの葉の帽子を被る女性)
d0249595_12430601.jpg

d0249595_12443486.jpg

茨城沖縄県人会の出店で沖縄そばやサーターアンラギーを販売



d0249595_12450884.jpg

d0249595_12472426.jpg

朝日新聞切抜き いちからわかる!
d0249595_07332658.jpg

6月24日「天声人語」
d0249595_07340797.jpg

d0249595_07342537.jpg



















by kinkunihiro | 2019-06-24 05:32 | 家族 | Comments(0)

2019年6月23日  家族の古い写真   つくば市産業まつり  その2

6月22日のブログへのアクセスは143回でした


2019年6月23日  家族の古い写真   つくば市産業まつり  その2を更新いたします

長男が生まれて最初に訪問した妻の実家で姪子と一緒
d0249595_14253019.jpg

牛久市在住時に結婚半年後竜ケ崎でパートで働いた時の妻
d0249595_14273304.jpg

土浦市でハイウェーブ時代の旅行先
d0249595_14305101.jpg

1945年8月「沖縄戦場で捕虜からその後」
糸満町から移動して高嶺村字国吉では焼け残った家屋が散らばってありそこへ住めた方は幸せだった。私達も1軒家に親戚4所帯が共同生活をした。勿論プライバシーが保たれず、ストレスは溜まるばかりでした。子供たちも元気を取り戻し「おにごっこ」など普通の遊びのほか、骸骨探し競争もあり随所に遺骨が散在していた。今考えると亡骸に申し訳なく哀悼の祈りをささげる。合掌・・不発弾も残っておりパィナップル型の手榴弾など本体から爆発装置(信管)を外し火薬のみを抜き取ってそれを土の長い堀に埋めて端に火を点けて点火して花火遊をしていた。危険な遊びに大人も注意などしてくれなかった。トラックや戦車の「ダイナモー」も遊び道具にして細い銅線を繋いで感電させて「キヤー」という叫び声を聞いて喜んでいた。またダイナモーのスパーク火花はマッチの代用に使用され油さしにガソリンや石油をいれてそこへ綿などの布を差し込んでノズルの先に出してダイナモーを手で回しスパーク(火花を出して)点火させていた。これも間違えれば火災になる危険行為だった(当時は1回も火事はなかった)。生活必需品が乏しいと何でも利用可能と思えば危険より先に活用した生活だった。真夏の暑い時期に「サメの配給がありそれを皆で分け合って食べたが、自分は一口食べても嘔吐し胃液が出るまで吐いていた」考えると腐敗ぎみであって鮮度も悪く食糧難の時期健康な人は美味しく食べていた。  続く

つくば市産業まつり  
熱い8月月のイベントにはかき氷の幟が目立った
d0249595_15141552.jpg


茨城沖縄県人会三線部の演奏で民謡や琉球舞踊が披露された
d0249595_15154937.jpg


d0249595_15172599.jpg

d0249595_15175068.jpg
6月23日「天声人語」
d0249595_07100938.jpg




















by kinkunihiro | 2019-06-23 05:24 | 家族 | Comments(0)

2019年6月22日  家族の古い写真   つくば市産業まつり  その1

6月21日のブログへのアクセスは151回でした


2019年6月22日  家族の古い写真   つくば市産業まつり  その1を掲載いたします。
長男が2歳の時 せんべいを貰って喜ぶ

d0249595_11462987.jpg
d0249595_11470829.jpg
1945年8月「沖縄戦場で捕虜からその後」
配給食品が少なく母達グループは鉄条網を張った「OFF LIMITS 立ち入り禁止」区域が設けられ糸満から村まで食べ物を探しに集団(婦人たち)で行っていた。民間PC(polis)に捕まり食料品は募集、簡易留置所(鉄条網で囲った板塀)に入れられて一夜を明かし解放されたこともあった。与座部落は水源地(泉から)那覇空港へ30cm太さ2本の水道管で24時間ディーゼルエンジンのポンプで送水していた、与座岳は日本軍から引き続きレーダサイトで使用を続けていて重要な地点だった。また畑や空き地には弾薬や武器、トラック、ジープなど多くの武器弾薬戦車も野積みでテントに覆われて危険区域になっていた。その理由で生まれ故郷の近隣までは入居できたが我々与座住民は村に入れなかった。高峰村の国吉部落に大里、与座、豊原と区分して集団生活が続く。プライバシーが保たれず日に日にストレスが増した。小学校2年生になって国吉部落で勉強も始まった、ノートはわら半紙、鉛筆も2人で1本を半分に切って使った。給食も始まり米軍支給の脱脂ミルク(米国では家畜の餌さとか?)を大きなコップを持参して空腹の足しにした。   続く

 つくば市産業まつり 大勢の人々が祭りを楽しみ集まってきた
d0249595_14164131.jpg
イベントの呼び物
d0249595_14175601.jpg
スーパーカー展示
d0249595_14191123.jpg
d0249595_14200457.jpg
d0249595_14203243.jpg
6月22日「天声人語」
d0249595_07085253.jpg
d0249595_07091955.jpg














by kinkunihiro | 2019-06-22 05:05 | 家族 | Comments(0)

2019年6月21日  曾孫樹季ちゃん1歳誕生祝い  つくば市産業まつり  その30

6月20日のブログへのアクセスは81回でした


2019年6月21日  曾孫樹季ちゃん1歳誕生祝い  つくば市産業まつり  その30を更新いたします。

孫娘のピアノ発表会 (長男の娘)
つくば市センタービル界隈の会場(カピオ)
d0249595_14141734.jpg


1945年8月「沖縄戦場で捕虜からその後」
沖縄戦が終わり治安も落ち着き嘉陽収容所から故郷への移動が始まった。我々は糸満町へ軍用車両で移動させられた。現在は糸満市だが当時は島尻郡糸満町だった。糸満も戦争後は瓦礫状況で焼け残りや破壊された家屋が見られた。父は海軍に出兵して先島八重山で捕虜になり糸満へ送られてきていた。父はマラリアに感染して病状が重く栄養失調状態でよぼよぼだった。少しばかりの配給があり食事を与えてからは日増しに元気になった。住居は大きめのテント張りで4家族の共同住居だった。誰からか病状を治せる「祈祷師  チャンミカワー 喜屋武の失明者」を紹介され、祈祷師は父の手を握って呪文か(イソブ! いそぶ)という声を張り上げた。子供7歳でも現在鮮明に記憶している。日増しに父は元気になって家族皆で戦後の新しい生活がスタートした。 続く


曾孫樹季ちゃん1歳誕生祝い
昔はコメ1升餅を背負わせて誕生日を祝ったが、現在は食パンで代用して日と名前を書き込んで背負せて祝う、習慣も様変わりした。
d0249595_14044864.jpg
d0249595_14052549.jpg
誕生ケーキ
d0249595_14054779.jpg
d0249595_14062236.jpg
ケーキを切り分けて皆で戴く
d0249595_14064801.jpg

  つくば市産業まつり
d0249595_14084227.jpg
d0249595_14090543.jpg
d0249595_14092703.jpg
朝日新聞切抜き いちからわかる!
d0249595_06453103.jpg
d0249595_06453103.jpg
6月21日「天声人語」
d0249595_06460866.png
d0249595_06464666.jpg



















by kinkunihiro | 2019-06-21 06:05 | 家族 | Comments(0)