圀弘日記


日々の生活つれづれなるままに
by kinkunihiro
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
神谷利雄様 コメント有..
by kinkunihiro at 17:10
若い高校生と交流して、元..
by 神谷利雄 at 14:09
圀弘様 先日メールしま..
by 飛田と申します。 at 10:47
神谷利雄さま コメント..
by kinkunihiro at 07:42
部落というのは差別用語で..
by 弘 at 15:00
了解しました。群馬に変更..
by kinkunihiro at 17:27
何度も言うが僕の家は前橋..
by ヒロシ at 09:04
矢崎文雄さま コメント有..
by kinkunihiro at 09:06
今夜の懇親会、お疲れ様で..
by フミ at 22:01
山城美奈子様 ご丁寧なコ..
by kinkunihiro at 21:45
最新の記事
2017年4月28日 沖縄県..
at 2017-04-28 10:05
2017年4月27日 沖縄県..
at 2017-04-27 10:00
2017年4月27日 沖縄県..
at 2017-04-27 10:00
2017年4月26日 沖縄県..
at 2017-04-26 10:19
2017年4月25日 沖縄県..
at 2017-04-25 10:03
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧


6月30日  茨城空港沖縄那覇線就航で茨城ラジオ放送

28日、茨城空港~沖縄那覇空港直行便就航イベントの一環で茨城放送から取材があり、当日17時10分から20分までの実況放送のインタビューに答えた。

取材前に茨城放送から取材内容のレジュメがメールで着信した。
金城様
このたびはお世話になります。28日の放送概要を添付してお送りします。
当日は午後5時5分すぎにこちらから携帯電話のほうにお電話いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。
茨城放送 斎藤  TEL 029-244-3996   E-mail y-saito@ibs-radio.co

ほっとボイス』  (ワイド番組「夕刊ほっと」16:00~18:20 
        インタビュー資料 
<パーソナリティ>   さとう一声 / 田中 里実
【 放送日時 】  12年6月28日(木) 17:10~17:20
【 電話出演 】    茨城沖縄県人会  顧問    きん金じょう城 くに圀ひろ弘さん
TEL 
【 トーク内容 】
AN: 7月1日から9月30日までの期間限定で、茨城空港に 茨城―那覇線が就航します。
そこで、きょうのこの時間は、
沖縄県出身で茨城在住のみなさんの団体「茨城沖縄県人会」の顧問 金城 圀弘さんに
茨城―那覇線に対する期待や、沖縄の魅力などについてお話をうかがいます。

① 金城さんご自身のことについて 
・沖縄からいつ茨城に? など

② 茨城沖縄県人会の日頃の活動は?

③ 期間限定ではありますが、茨城―那覇線が就航し、
茨城と沖縄がぐっと近づきます。どんな気持ちで就航のニュースを受け止めていますか?

④ 茨城―那覇線の就航を祝って、
6月30日(土)と7月1日(日) 茨城空港でイベントを行うそうですね。
どんな内容ですか? 

⑤ 金城さんから見た沖縄の魅力を教えて下さい。

*○数字のところが、金城さんへの質問骨子です。


以上の質問を受けるに当たり、琉球新報のNAさんのレクチャーを受ける。
茨城沖縄県人会顧問 金城圀弘様

 大変ご無沙汰しております。

 電子メールを拝受いたしました。参考になるかどうかは分かりませんが、ご一読いただければ幸いです。

(1)最初の質問。

沖縄マインドの記事(2002年2月1日付夕刊)が参考になるかと思いますので、以下に貼り付けます。

2002年2月1日 夕刊 (政治・行政) 1版 2頁 (著)自社

<東京発・沖縄マインド>土浦電子社長 金城圀弘さん/苦労乗り越え電子機器一筋/健康に恵まれ、ここまで

 沖縄を出て以来、ひたすら電子機器を作ってきた。

 東京で専門学校を出た後、国際電気(当時は東京都狛江市)で無線機の製造やサービスを担当した。茨城県の会社に移ってラジオの設計・製造に当たったが、間もなく輸出の不振で倒産。同社の従業員を率いて「ハイウエーブ」を創設した。テープレコーダーのほか自社ブランドのトランジスタラジオも作っていた。

 一九七四年にハイウエーブを有限会社化し土浦電子を設立。最初は国際無線の下請けで高級ステレオを製造した。間もなくつくば市に約千二百平方メートルの土地を購入し工場を建設。四十人の従業員を雇っていた。

 当時ブームだったトランシーバーに使用するクリスタル発振子の製造に乗り出したが、需要がなくなり、三カ月で仕事が途絶えた。「国民金融公庫から借りた五百万円が返済できず、やむなく工場敷地の一部を手放した」と苦笑いする。こうした苦労を乗り越え、今では経営が安定し借金もなくなった。

 九五年には茨城桜ライオンズクラブの会長を務めた。現在は社長を含め社員三人。タキロンの下請けで、発光ダイオード(LED)を使った小型の電光掲示板を製造している。

 「健康に恵まれたから、ここまでやってこれた」と笑顔を見せる。茨城沖縄県人会の第二代会長として奔走している。(東京)


<ふるさとへ一言>誇りを持てるような沖縄に

 「沖縄は経済的に安定することが大切だ。そのためには産業を創出しなければならない。大きな企業の誘致も必要だ。沖縄県人であることに誇りを持つべきだが、まず誇りの持てるような沖縄にすることが先決だ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 きんじょう・くにひろ 1938年10月30日、糸満市(旧高嶺村)与座で出生。沖縄工業高卒。57年上京。国際電気などを経て、67年茨城県土浦市にハイウエーブを設立。74年土浦電子設立。茨城沖縄県人会長。会社は、つくば市上ノ室313。


 (2)日ごろの活動についての質問。

率直にお話しいただければリスナーに伝わると思います。


 (3)期間限定ではありますが、茨城―那覇線が就航し、茨城と沖縄がぐっと近づきます。どんな気持ちで就航のニュースを受け止めていますか? との質問。

 スカイマークは7月1日から9月30日までの期間、茨城―那覇線を季節定期便として運航します。1日1往復、2便を運航します。

 茨城の沖縄県出身者にとって大きな朗報です。沖縄県と茨城県の交流が一層深まることを期待しています。

 この機会に、沖縄県出身者だけでなく、多くの茨城県民が沖縄に足を運び、美しい自然と豊かな文化、イチャリバチョーデー(出会う人は皆きょうだい)の温かい県民性を堪能していただくことを強く希望します。同時に、沖縄の方々も大いに茨城に足を伸ばし、当地の文化に触れてほしいと思います。

 茨城県と沖縄県の間では年間20万人が行き来しており、県立高校の修学旅行も7割以上が沖縄方面を選択していると聞いています。沖縄便の就航をスカイマークに要望してくださった茨城県の関係部局にも感謝申し上げたい。…こんな感じでしょうか。


(4)茨城空港でのイベントについての質問。

参考になる資料を見つけることができませんでした。申し訳ありません。スカイマークに直接問い合わせた方がよろしいかと思います。


(5)沖縄の魅力についての質問。

 日ごろの思いのたけを語っていただければよろしいかと思います。


〒900-8525 沖縄県那覇市天久905

 琉球新報社デジタル戦略室 室長 NA氏

 



ニユースがわからん
d0249595_11411162.jpg


誕生日の花
6月30日の花 ハナカンナ
d0249595_11555998.jpg
d0249595_11561871.jpg

学名:Canna generalis
 別名:ハナカンナ(花かんな)
 花期:夏
 別名のハナカンナ(花かんな)というのは,ショクヨウカンナ(食用カンナ)というのが別にあり,それと区別するためでしょう。ショクヨウカンナの方は花が貧相なのでしょう。
 葉が非常に大きく,夏に赤,朱,黄色の花をつけます。

by kinkunihiro | 2012-06-30 15:30 | 茨城沖縄県人会関連 | Comments(0)

6月29日  茨城県立鹿島高等学校 修学旅行事前学習「沖縄戦場体験談」講話  其の3

講話から3日目で当日撮った写真から選んで掲載・更新します。今回が最後になります
講話終了後、何名かの生徒さんから質問を受ける
①生死を感じながらの逃避を如何にすごしたか?
②戦争中の怖さはどうでしたか?

講話終了後 生徒代表から謝辞と花束贈呈を受ける 有難う御座いました
d0249595_1524826.jpg

d0249595_15243684.jpg
d0249595_15245777.jpg


帰りに地元の美味しい煎餅をお土産に頂き有難う御座いました
d0249595_15362788.jpg
d0249595_15364432.jpg


誕生日の花
《 6月29日の誕生花と花言葉 》
クチナシ(梔子・アカネ科)私は幸福過ぎる・純潔
d0249595_1539790.jpg
d0249595_15392017.jpg

学名:Gardenia jasminoides
 花期:初夏
 秋のキンモクセイ(金木犀),早春のジンチョウゲ(沈丁花)と初夏のクチナシ(梔)が,香りのよい花木の代表選手でしょう。
 実は黄色の色素を持つので栗きんとんなどの色付けに使われたり,薬用としても使われます。碁盤の足のことを“くちなし”というのは,その形が似ているからだということです(このページの一番下にある写真)

by kinkunihiro | 2012-06-29 12:15 | 戦場体験談講和 | Comments(0)

6月28日  茨城県立鹿島高等学校 修学旅行事前学習「沖縄戦場体験談」講話  其の2

鹿島高等学校の平和学習から其の2を掲載・更新します。26日は梅雨時に快晴に恵まれて、清清しい1日だった。JTBの添乗員に送迎をお願いしての講話会場行きだった。
学校へのアクセスと案内
d0249595_14503850.jpg

県道から見える鹿島市の避難場所標識
d0249595_14522526.jpg

正門前での記念写真
d0249595_14551725.jpg
d0249595_14554792.jpg
d0249595_14561789.jpg

校舎の玄関に日展に優勝した卒業生の書画
d0249595_14584952.jpg

校訓
d0249595_151294.jpg


誕生日の半
《 6月28日の誕生花と花言葉 》
ササユリ(笹百合・ユリ科)希少価値
d0249595_153132.jpg

学名:Lilium japonicum
 花期:夏
 日本を代表する百合ということで,学名にもjaponicumがついている。
 本州の静岡県・新潟県以西,四国,九州に自生ということで,私の住んでいる群馬県には自生していないのだろうか

by kinkunihiro | 2012-06-28 10:22 | 戦場体験談講和 | Comments(0)

6月27日     茨城県立鹿島高等学校 修学旅行事前学習「沖縄戦場体験談」講話  其の1

2012年6月26日茨城県立鹿島高等学校で沖縄県への修学旅行事前学習の一環としてつくばJTB教育事業部様からの依頼で「沖縄戦場体験談」講話を実施した。
土浦市乙戸を11時30分に車で出発、鹿島高等学校へ12時30分到着した。
校長先生と名刺交換後、講話の準備時間を利用して世間話を交わした。
先生も土浦市眞鍋町在住とのこと・・話が広がって20分間程度雑談をした。
13時30分から15時まで講話の時間を2時間割いていただいた。
講話に先立ち沖縄戦没者並びに東日本大震災犠牲者の御霊に1分間の黙祷を捧げる。
「沖縄戦の証言」DVDを10分間余り投影し、講演者紹介を2学年主任が話された。
13時45分からマイクを貰い15時5分まで体験談を語る。

正門から望む校舎
d0249595_1424594.jpg

創立百周年記念(2011年)
d0249595_14284365.jpg

綺麗な校舎の風景
d0249595_14304226.jpg


2012年学校案内パンフレット

d0249595_21154630.jpg
d0249595_2116112.jpg

校長室にて記念写真
d0249595_2118159.jpg

校長  倉持 利夫   学年主任  平山隆一先生    講演者 金城圀弘
講和前に校長先生のご挨拶
d0249595_21343119.jpg


沖縄戦場体験談を語る
話の初めに*この学校はトイレが綺麗ですね!*枕詞で飛び出した。
講話の前に用足しをして、毎回会場に入るようにしている

d0249595_21354514.jpg


ニユースが分からん
d0249595_21372029.jpg


誕生日の花
《 6月27日の誕生花と花言葉 》
ホタルブクロ(蛍袋・キキョウ科)正義・貞節
d0249595_2138116.jpg
d0249595_21382312.jpg

学名:Campanula punctata
 花期:夏
 やや日陰の山道の脇に群生しているのをよく見かけます。蛍を捕まえた子どもが,家に持って帰るときにこの花を虫篭代わりにでもするのでしょうか。

by kinkunihiro | 2012-06-27 10:05 | 戦場体験談講和 | Comments(0)

6月26日  川越南高等学校修学旅行事前学習 その4

川越南高等学校は24日から沖縄県へ修学旅行に行っている。
地元新聞「琉球新報」の社会部へメールして、記事に出来るなら取材をお願いします・・
デジタル室室長名城さんへ直接メールした。しかし、彼は大阪へ出張中で社会部へ連絡しておくから転送メールで送るように・・
早速、shakai@pen.ryuukyuusimpou.co,.jpにメールした。メールアドレスを知るまでに現地と何回もカラメールをやり取りして完成した。
現地との連悪はJTB添乗員の名刺から携帯の番号を調べ、連絡が取れた。高校の修学旅行担当者にはJTBの方を通して連絡が取れた。新聞社にも後で知らせる。突然の申し込みだったので、取材に行かれるか分からない。


学校行事
d0249595_1118529.jpg

部活動
d0249595_11185868.jpg
d0249595_11191770.jpg

体育館での講話・

d0249595_12425100.jpg
d0249595_126895.jpg

d0249595_11404038.jpg
d0249595_11415135.jpg

講話終了後生徒代表から謝辞を頂く・・
d0249595_1144267.jpg
d0249595_11464051.jpg

講話終了後全体の集合記念写真・
d0249595_11491058.jpg
d0249595_1150103.jpg
d0249595_1151733.jpg


ニユースが分からん
d0249595_1154026.jpg
d0249595_11541261.jpg


誕生日の花
《 6月26日の誕生花と花言葉 》
ザクロ(石榴・ザクロ科)円熟した優美
d0249595_11553463.jpg
d0249595_11554519.jpg

学名:Punica granatum
 花期:夏
 初夏の青い空を背景に赤い花がきれいです。
 秋になると実が大きくなり,「柘榴を割ったように」という感じではじけます

by kinkunihiro | 2012-06-26 15:10 | 戦場体験談講和 | Comments(0)

6月25日   沖縄県慰霊の日

沖縄県は昨日梅雨が明けた。慰霊の日を前後して長い梅雨から暑い夏へ、首里高等学校女性徒の全世界へのメーセージ「平和へ詩」を堂々と、読み上げた。心から感動したシーンであった。
新聞切り抜き慰霊の日関連記事から・・

d0249595_9575337.jpg

埼玉県川越界隈の散策から
d0249595_1032377.jpg

商店街は蔵つくりの町並みが歴史を感じる
d0249595_104025.jpg
d0249595_1043340.jpg


連載4回目「落語家」
d0249595_1095117.jpg


誕生日の花
《 6月25日の誕生花と花言葉 》
オカトラノオ(岡虎の尾・サクラソウ科)やさしい風情
d0249595_1010315.jpg
d0249595_10104294.jpg

学名:Lysimachia clethroides
 花期:夏
 たくさんの白い花が穂のようにつき,頭を曲げる特徴があります。このような花のつくものには「○○トラノオ」という名がつけられることが多いようです。
 低い山などでも見られ,そのようなところでは似たような姿で紫の花がつくクガイソウ(九蓋草,九階草)もあるかもしれません

by kinkunihiro | 2012-06-25 15:20 | 戦場体験談講和 | Comments(0)

6月24日  川越南高等学校修学旅行事前学習 その3

昨日は、沖縄慰霊の日で高等学校関連の掲載が出来なかった。  本日その3を掲載し更新いたします。
学校案内から教育課程
d0249595_15401970.jpg

国際交流
d0249595_15411280.jpg


講話前に「沖縄戦の証言」DVD上映
1フィートの映像と戦争体験者の証言である

『沖縄戦場体験談」講話   沖縄県出身 金城圀弘
d0249595_15494163.jpg


d0249595_15451516.jpg

d0249595_154656.jpg
d0249595_15463924.jpg
d0249595_15472288.jpg
d0249595_15475039.jpg


講話を聴衆しての皆様からの感想文を入倉先生が総括されて、メール添付で頂きました。
有難う御座いました。下記にコピーで掲載させてもらいます


さて、私たちはご存じのように6月24日から沖縄へ出かけます。その直前に金城様の貴重なお話を生徒たちに聞かせることが出来、生徒たちの目も違ってきているように感じています。
以下に少しですが、生徒たちの感想(一部抽出)を送らせていただきます。

実際に経験したことがある人から聞くとまったく違う。
金城さんの話はすごくリアルで、想像したら怖くなりました。
今ある幸せを当たり前だと思っちゃいけないなぁとすごく思いました。
デマによって自ら命を絶ってしまった祖母を見ていた金城さんはどの様な気持ちだったのか、到底理解することは出来ないと思います。
小さい子供ですら手榴弾を使って相手であるアメリカ人と戦おうとするように教育が行われていたことはとても悲しく感じました。
本当に生々しいお話でした。
「生きる」ということの大切さを学びました。
アメリカ軍は子供たちに自分の水筒を差し出してくれたと聞いて、やっぱり同じ人間なんだなと思いました。
まだ小さいのに、常に死と隣り合わせの状況を生き延びたというのは、すごいと思う。
金城さんの言葉で人間がいちばん大切。死んではいけないという言葉はすごく重みがあり命について考えることが出来ました。
金城さんはあの足で死体をよけて歩き、あの目で焼け野原になった町を見ている。そのことを忘れてはいけない。
沖縄に行く前に戦争について詳しく知ることが出来、沖縄へ行くことの意味を感じた。ガマ体験は特に大切に体験したいです。
幼稚園の頃にこんな悲惨な経験をして、どんなに辛かっただろうと思った。修学旅行で肌で感じてしっかり平和について考えたいと思う。
実際に経験した人の話はとても貴重であって信じられないことが戦争では起きてしまうのは残念だと思います。人の死体がそこらじゅうにあり、鉄の雨や戦争の悲しみ、恐ろしさ、誰を信じて良いか分からなくなったり、そういうことは想像でしか分かりませんが、少しでも理解できたらいいと思いました。
爆弾による爆風や爆弾の破片でも簡単に人は死んでしまう。頭では分かっていたけれど、金城さんから聞くと生々しかったです。
生き残ることが恥だという時代はもう繰り返してはいけない。

健康には留意され、今後とも公私共々にご活躍下さい。
今回は、本当にありがとうございました。 川越南高校:入倉修平


ニユースが分からん
d0249595_16122148.jpg


誕生日の花
《 6月24日の誕生花と花言葉 》
レンゲツツジ(蓮華躑躅・ツツジ科)情熱
d0249595_16144990.jpg
d0249595_1615522.jpg

 学名:Rhododendron japonicum
 花期:春
 赤城山のレンゲツツジは有名です。レンゲツツジが高原にいっぱいあるのですが,そこは乳牛が放牧されている牧場になっています。牛に食べられないか心配でしょうが,実はレンゲツツジには毒があるので,牛に食べられることもなく毎年訪れる観光客の目を楽しませてくれます

by kinkunihiro | 2012-06-24 15:35 | 戦場体験談講和 | Comments(0)

6月23日  沖縄 きょう慰霊の日 67年

1945年6月23日、沖縄戦は終了した。終戦記念日と慰霊の日である。
日本軍第32軍司令長官牛島中将等は、摩武の丘で割腹自殺を遂げて沖縄戦は終了した。
当時6歳の自分は、与座部落の防空壕から米軍兵士に親戚と一緒に15名で捕虜となり、連行されて玉城村垣花部落で焼け残った家に30名余りの人たちと一緒に入居していた。
トタン葺きのバラック建屋で、雨戸や窓の戸もない開けっぱなしの家だった。
砂利道の県道に面して、入居した時は、南部戦闘へ向かう軍用トラックが砂埃を上げて、荷台にはランニング姿の米兵たちが、われわれにチューインガムやチョコレートを投げ与えていた。
いつ覚えたか子どもたちは「ギムミーキャンデー」と大声で叫んでいた。


夜になると、彼等が夜這いに女子たちを遅いにバタバタやって来て、怖い思いをした。
対策は夕方に女子全員を天井裏に上げ、お年よりは白い布地で体をグルグル巻きにし、
大声で「イターイ!病人だ!」叫んでいた。終戦後の無法地帯の環境は怖かった記憶が蘇る・

新聞切抜きから
d0249595_11104520.jpg

d0249595_10404035.jpg


ニユースが分からん
d0249595_10414075.jpg



誕生日の花
《 6月23日の誕生花と花言葉 》
ヒメササノユキ(姫小百合・ユリ科)飾らぬ美・純潔
d0249595_11131962.jpg

学名:Agave victoriae-reginae 'Compacta'
 葉に,太く白い模様がある。

by kinkunihiro | 2012-06-23 11:14 | 戦場体験談講和 | Comments(0)

6月22日    埼玉県立川越南高等学校修学旅行事前学習その2

昨日に引き続き川越南高等学校での修学旅行事前学習からの写真を掲載更新する・
川越南高等学校へのアクセス・・
d0249595_17142988.jpg

川越商店街にある有名な時計唐
d0249595_18462655.jpg

平和学習会場での写真から事前打ち合わせ・・
d0249595_17163053.jpg

講話前の入倉先生からの説明
d0249595_17183377.jpg

司会進行役は生徒代表2名で
d0249595_17194140.jpg
d0249595_17201840.jpg

戦場体験講話の初めに沖縄戦没者並びに三陸津波犠牲者に30秒間の黙祷
d0249595_17231766.jpg

d0249595_17321624.jpg

教育目標
d0249595_1733298.jpg


ニユースが分からん
d0249595_1736146.jpg


誕生日の花
《 6月22日の誕生花と花言葉 》
シモツケ(下野・バラ科)いつかわかる真価
d0249595_17372267.jpg
d0249595_17373458.jpg

学名:Spiraea japonica
 花期:夏
 下野の国(栃木県)に多いからということでこの名前になった。庭木としても植えられる。五弁の小さな花がたくさん集まっている。
 草であるシモツケソウ(下野草),穂のように咲くホザキシモツケ(穂咲下野)も参照してください。

by kinkunihiro | 2012-06-22 17:37 | 戦場体験談講和 | Comments(0)

6月21日   川越南高等学校修学旅行事前学習 その1

川越南高校修学旅行事前学習「沖縄戦場体験談」講話を午後1時半から3時まで2学年生徒全員と教職員15名様が聴いて頂いた。
埼玉県立川越南高等学校案内から
d0249595_001096.jpg


就学旅行事前学習の一環で「沖縄戦場体験談」講話を引き受けた経緯
平成24年2月1日のメールから
金城様
  寒さ厳し日々が続いていますがお変わりございませんでしょうか。 
 下記の日程で講演依頼が来ておりますのでご検討下さいますよう
 にお願いいたします。
    〒350-1162   
    川越市南大塚1-21-1     ☎ 049-244-5223 
 担当  入倉先生    
     埼玉県立川越南高校     下車駅 西武新宿線 南大塚駅 
    日 時     6月21日(木) 13:30~
 修学旅行の事前学習で6月24日から3泊4日の予定です。
 ご多忙かと思いますが宜しくお願いします。
                      亀川正子

*亀川さんは、東京沖縄県人会「おきなわの声」月間発行誌の編集長、金城 驍氏の
 紹介で講話を引き受けてきた。

** 亀川さんからは以前戦争体験談の語り部は、「ひめゆり学徒生」の生存者の方々が講演されていた。 しかし、高齢身体のため講演を続けることが困難になった。戦争のない平和の国を永久に希求する「戦場体験談」講話活動をと頼まれて、喜んでお引き受けいたしました
***21日講話の日に、川越南高校で講話前に校長室で関係者と、雑談をしていた時2年前まで「事前学習」は埼玉県桶川市在住の「与那覇桃子」先生が講演されていた。
2011年の暮れに与那覇先生が体調を崩され、郷里沖縄に帰られた。・・・顛末である。
****私と与那覇先生のお付き合いは10年前に、茨城県土浦市の「平和市民団体」に先生の講演を依頼した際、私が戦争話の前座を務めたことがあって、年賀状の音信を確かめていた。

金城様、こんにちは。
私が今年6月の修学旅行係りの入倉修平(いりくらしゅうへい)です。
そして、このアドレスが学校で使用している私のアドレスですので、こちらへメールを入れていただくと助かります。

講演依頼
1日時:平成24年6月21日(木)午後1時30分~3時頃
2場所:本校体育館(または柔道場)
3対象:本校生徒約365名 本校職員約15名
4演題:「 沖縄戦の実相 」(仮題)

5修学旅行の予定:
 6月24日(日)埼玉発→沖縄着→首里城見学→那覇市内泊
 6月25日(月)南部戦跡平和学習(ひめゆり・平和祈念資料館・ガマ見学など)→座間味島泊
 6月26日(火)座間味島内での体験学習(マリンスポーツなど) 座間味島泊
 6月27日(水)座間味島→那覇市内見学、沖縄発→埼玉帰着

それでは、返信お待ちしています。

埼玉県立川越南高校
350-1162
埼玉県川越市南大塚1-21-1
℡049-244-5223
Fax049-240-1051


川越駅周辺span>
d0249595_095428.jpg

路線経路
茨城県土浦市乙戸町(自宅9時車で出発→常磐線ひたち野駅(9時28分上野行き通勤快速→
日暮里駅(山手線へ乗り換え10時15分)→池袋駅(東部東上線急行・小川駅行き(10時50分)
→川越駅着11時35分→タクシー乗車→埼玉県立川越南高等学校着11時45分 
d0249595_010216.jpg


講演に先立ち校長先生・関係者の皆様記念写真(校長室)

d0249595_014054.jpg

校長 関根 宏  難波 隆之  五十公野(いずみの)順一   入倉 修平 各先生方
d0249595_014288.jpg

帰宅が22時ごろになり、ブログ更新の時間が遅くなった。


誕生日の花
《 6月21日の誕生花と花言葉 》
テッポウユリ(鉄砲百合・ユリ科)純潔・純愛・淑女
d0249595_0211674.jpg
d0249595_0212782.jpg

 学名:Lilium longiflorum
 別名:リュウキュウユリ(琉球百合)
 花期:春
 ラッパのような形からついた名前でしょうか。多くの百合は花の根本近くから花弁が分かれているのですが鉄砲百合は筒状になっていて先の方が分かれています。

by kinkunihiro | 2012-06-21 10:30 | 戦場体験談講和 | Comments(0)